HOME > ミュージアム標本 > 化石標本 > エピオルニスの卵殻(Aepyornis)

エピオルニスの卵殻(Aepyornis)

エピオルニスの卵殻

商品番号:Mus-F039

エピオルニスの卵殻

販売終了

学名:Aepyornis maximus

時代:1840年頃絶滅

産地:Madagascar

サイズ:約55×70×3mm  ケース/小箱:大厚ケース

アフリカのマダガスカル島に生息していた巨鳥の卵の殻。体長は約3m、体重は約450kg、卵の大きさは約30?もある。かつては無人島だったマダガスカル島に2000年ほど前から人間が移住生活するようになると、狩猟や開発などで生息数を減らすことになり18世紀には絶滅してしまった。

エピオルニスの卵殻
エピオルニスの卵殻
エピオルニスの卵殻

※画像をクリックすると拡大されます。

このページの先頭へ戻る